記事一覧
便利さとリスクを抱える通販

通信販売のことを、略して通販といいます。 カタログやパソコンなどにある商品を見て、自分の好きな時にお買い物ができるという物です。 当然、直接商品をてにとって選ぶことはできませんが、買い物をしにお店に出向くことも必要がないです。 ですので、何らかの事情があって買い物に行きにくい人には救世主のような存在です。 通販は、商品を指定した場所まで届けてくれるため買い物をした荷物を持つのが大変な人にも助けになっています。 一般的にも、気軽に買い物ができて商品が手元に届くので、非常に便利です。 ですが、この便利さに対してリスクも抱える現状があります。 注文したはずの商品が、手元に届かないということが極めてまれにですがあります。 輸送中に、何らかの事故があった場合などに起こる場合がほとんどです。 そのような事態の対応は、通販のお店によってまちまちです。 また、いろんな情報が流出することも考えられます。 商品を注文するときに、「そういうことがあり得る」と思って注意をする必要があります。 なにはともあれ、通販は便利なものです。 リスクがあるということを頭に入れておいても、便利なので一度使うとやめられないです。 今では、ネットスーパーなどで生鮮食料品も通販で扱っています。

2019年10月08日
ED治療薬で血流改善治療の決意

日本でもEDという言葉が一般化して久しくなりました、現在ではインターネットで気軽にED治療薬が手に入れる事が出来る様になっています。 しかし中には粗悪品も多く存在し、効果が薄かったり、下手をすると体に重大な害を及ぼす危険性も孕んでいます。 パートナーとの性生活がうまくいかなくなり、焦りからそういった薬に手を出し、体を壊してしまうケースもあります。 そうなる前に決意を固めて、医師の診断を受けてみるのもいいかもしれません。 EDは健康な人の場合、正しく治療すれば95パーセントが改善に向かうと言われています。 現在日本で認可されているED治療薬は、バイアグラ、レビトラ、シアリス、の3種類が有り、どれも病院で処方されています。 元々血管を拡張するために使われていた薬が元になっていますが、ED治療の基本も血流を正常に戻し、性器に血液を送りやすくする事にあります。 性器の海綿体組織には勃起を阻害する酵素が存在し、その酵素を薬で抑制し血液循環を正常に戻すのです。 循環器の障害が元となる器質性のものには、とても効果的です。 ただ狭心症や心筋梗塞の薬と併用すると、副作用が出る事があり、肝機能障害がある場合にも危険が伴うので、やはり医師とよく相談した上での服用が望ましいです。 また、上記のED治療薬にはジェネリックも存在しています。 特にレビトラのジェネリックであるビリトラは人気です。 通販サイトでビリトラは買えることから、ネット通販をしたことがある方も少なくないでしょうが粗悪品には十分に注意しましょう。 またED治療薬にはマイナスなイメージを持たれている人も多くいます。 依存性があり止められなくなるのではないか、心臓に負担がかかるから危ない、飲んだら1日中勃起が止まらなくなる、など様々な噂が流れていますが、どれも医学的な根拠は無く、そういった症例も確認されていません。 しかしだからと言って、自己判断で服用するには危険が伴います。 やはりED治療の一番の近道は医師の診断を受ける事にあると言えます。

2019年08月28日
薬販売実店舗のネット販売への反応

薬販売実店舗は数多く存在しています。 薬は万人が必要とするものであり、必ず需要があるため売り上げもあまり大きく変動することがありません。 しかし、この売り上げが変化するのではないかという危惧する声が最近高まってきています。 その理由としては、今まで認められてこなかった薬のネット販売ができるようになったからです。 このようなサービスが始まる前は、薬販売実店舗や病院でしか薬を手に入れることができませんでした。 そのため、患者はこのような場所で薬を購入するということになっていました。 しかし、ネット販売が始まることで、大勢の人がインターネットで簡単に薬を購入できるようになります。 これは、患者からすると医療費を抑えることができるということでかなり歓迎されているサービスです。 しかし、薬販売実店舗などのネット販売への反応を見ると、安全性や売り上げの低下を危惧する声が高くなっており、反応の違いを感じることができます。 ネット販売への反応がいまいちなのは、売り上げのこともありますが、薬の流通の安全性が損なわれるのではないかという懸念が一番だと考えられます。 今後は、より安全に運営できるような対策が必要になってきます。

2019年08月15日
大衆薬のネット販売を行っているサイト

2014年より大衆薬のネット販売が解禁になりました。 これにより、自宅にいながらでもドラッグストアや薬局などで販売されている医薬品の購入が可能となったため、生活に利便性が生まれたと評価されています。 しかし安全性についての懸念はゼロではありません。 医薬品は使用を誤れば健康被害も引き起こす危険なものです。 ネット販売は対面式の販売ではないので、症状に適した商品の購入や使用方法を守れない方が出る可能性もあるため、服薬リスクが高まったという点は無視できないでしょう。 そこでリスクを軽減させるために大衆薬のネット販売を行っているサイトに規制を設けています。 まず、大衆薬のネット販売を行うにあたり、薬事法に従う許可を受けた実店舗を持つ薬局または薬店であること、週30時間以上営業していること、薬剤師または登録販売者を配置していることなどの条件があり、またネットサイト自体に実店舗の写真を掲載すること、許可書の内容を掲載すること、電話番号やメールアドレスなどの連絡先を記載することなどいくつかの要件が存在します。 これを全てクリアしている店舗でしかネット販売は行えません。 さらに実際の販売にあたり薬剤師がメールで服薬指導等をする必要もあります。

2019年07月28日